ソーシャルサービス+デザイン at Casa Prisma

ソーシャルサービス+デザイン at Casa Prisma

11月16日(土)、CasaPrismaにてソーシャルサービス+デザインを開催しました。

このワークショップは、今年度、山梨県が県地域福祉支援計画の改訂を進める中で、地域福祉の現状や課題を踏まえながら今後の地域福祉への関心を高める契機とすることを目的としたものです。当日は、福祉関連の方を中心に10名の皆さまにご参加頂きました。

山本 真さんのファシリテートで、チェックイン、山梨県福祉保健総務課の水口さんより計画の概要説明と問題提起をして頂きました。そして、「山梨県地域福祉支援計画案」を床に置き、参加者それぞれがこの計画とどれくらいの関わりや距離感を持っているのかを立ち位置で表しました。比較的近くに居る方や、椅子の後ろにいる方、中には2階の会場から1階におりてしまう方など、捉え方はそれぞれ大きく異なるようでした。

休憩を挟み、今回のゲストスピーカーである一般社団法人ソーシャルテンプル代表理事の近藤 玄純さんに、今日のお寺が直面する課題を踏まえ、社会の問題を自分事として捉えることによる新しい互助共生のしくみづくりに向けた活動として、現在取り組んでいるWEBサイト「お寺のじかん」やお寺版こども食堂である「寺GO飯」、「ゆくすえサポート」などについてご説明頂きました。

その後、山本さんから、従来の枠組み(パラダイム)と、ソーシャルテンプルに象徴される新しいパラダイムという2つのループの存在と、その2つをどのように橋渡ししていくことができるのかといったお話がありました。ここで新たなパラダイムとは、ゆるやかに主体的に参加するやさしい地域社会としての「共生社会の実現」と定義されました。そして、全員でCasaの外に出て、地面に黄色いひもで2つのループを描き、その中で参加者それぞれの立ち位置はどこなのか、またなぜそう感じたのかを共有していきました。

最後にCasaに戻り、それぞれの立場から、この「共生社会の実現」に向けて自分が出来ることややりたいことは何かを記入した上で、本日のまとめとなるチェックアウトの時間となりました。自分自身が従来のパラダイムに居ることを改めて認識したというコメントや、新たな共生社会の必要性は分かるが、実際にどのように実現したら良いのか分からないというコメント、小さな取組が増えていけば、それがいずれマイノリティからマジョリティに変わっていくという期待の声などがありました。

今回のワークショップを通じて、これまでの縦割りのしくみや行政のかけ声による“協働”というものの限界が見えてきたと同時に、共生社会という共通の目標に向けて、一人ひとりがゆるやかに主体的に関わっていく“共働”することの大切さについて共有することが出来たと思います。

今後は、こうした新たなパラダイムの構築に向けて、私たち一人ひとりに何が出来るのかといったことについて、引き続き考えてみたいと思います。

文責:佐藤文昭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です