Chance Prisma #2

Chance Prisma #2

8/8はぞろ目の日ということで、Chance#2が開催されました。

“Chance(チャンス)”とは、様々な人たちが偶然に出会い、対話を通じて情報を交換したり何かに気づいたり、そんなことを期待しながら集まる新たな交流サロンです。

今回は、初めてご参加の方も含めて、合計10名の皆さんにご参加頂きました。

はじめに、自己紹介を兼ねたテーマ出しでは、中心市街地の活性化や新たなツーリズム、山梨の不動産からアクティブラーニングまで様々なご提案を頂き、前後半の2つのセッションに分けて対話がスタートしました。

前半は、株のプチ勉強会で盛り上がり、これはスピンアウトで別イベントにしようという声が上がるほどでした。一方、地域の活性化についての熱い対話や市民活動に関するよもやま話、さらにはご自身が書いた付箋を整理するという「自習」なんていうのもあり、参加者それぞれが思い思いに場を楽しんで頂けたようです。

最後の振り返りでは、地域で様々な活動が行われているけど、なかなか情報が伝わらなかったり、相互に連携ができていないなどの課題が挙げられました。Casaの活動も、まだ「点」でしかありませんが、今後、地域の様々な活動とつながりながら、活動を進めて行くことができればと考えています。

そして、イベント終了後も余韻を楽しむかのように、お話が続いていました。

次回のChanceはぞろ目の9/9の19時からです。
是非、お気軽にお越し下さい。

文責:佐藤文昭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です