アートディレクションと企画の現場から ~Kofu Records~

7月12日(金)は、NHK甲府放送局主催の映像スクール「Kofu Records」のプレイベントとして、「アートディレクションと企画の現場から」と題した説明会とトークイベントが開催されました。

当日は学生から社会人の皆様まで数多くお越し頂き、ほぼ満席状態の盛況ぶりでした。

はじめに、歩帆舎の堀切さんから、これまでの山梨でのアート活動をご紹介頂きながら、今回の映像スクールの企画に至った経緯をご説明頂きました。

続いて、NHK甲府放送局の軽部さんからは、視聴者との交流についての考え方や、施設の1階にある「ハートプラザ」の活用に関する課題などについてお話を頂きました。

そして、今回のデザインを担当頂きましたグラフィックデザイナーの浦川さんからは、コンセプトをビジュアル化していくプロセスやその中でのルールづくりなど、ディテールに込めた想いなどを伺いました。

今回のイベントは、映像制作というスキルを身につけると言うよりも、誰もが自分の想いを表現することのできる一つの手段として映像制作を捉えていくということが、ご参加頂いた皆さんに伝わったように思いました。

後半には、参加した学生から「自分を表現するのにこんな手段があったんだという気づきを得た」、「今度こんなことをやってみたい」といったコメントもありました。

人はそれぞれ、自分をうまく表現出来ないとか、自分に自信がないといった悩みなどがあるかもしれません。しかし、映像という一つの手段を得ることで、新しい世界やつながりが生まれるかもしれないという大きな可能性を感じました。

今日は午後からNHK甲府放送局ハートプラザで映像スクールの説明会が開催されます。ちょっと気になるという方、是非お気軽にご参加下さい。

KOFU RECORDS 公式website
https://www.nhk.or.jp/kofu/kofurecords/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です